独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 流鏑馬

<<   作成日時 : 2005/04/18 00:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

画像
ビデオ初めて3年目 まだ見たことない流鏑馬を撮ろうと思い鎌倉に出かける。

背丈の低い私はいつも人の頭ばかり撮っている。今日は少し離れた場所から撮る事にした。待ち時間に結婚式を挙げつ花嫁花婿 次に目に入ったのは気を失って倒れたお年寄りの男性 警備に忙しいおまわりさんも大変 救急隊員の方もこられ意識のなかったそのお年よりも意識が戻ったようだ。病院行きをすすめられながらも頑固に断わり続けるその方は 年齢は80歳以上 後ろの方でそんな歳の人を一人で出すとはいう声もきこえたが、どうやら一人暮らしのようだ。救急隊員とおまわりさんにまた苦しくなったら救急車を頼んでもらうように言われ、細い体で立ち去るお年寄りの姿になぜか涙が出そうになって困った。肝心の流鏑馬の勇壮な矢を打つ姿はのその場所からは、あまりの速さにほとんど見ることは出来なかった。

鎌倉流鏑馬

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
流鏑馬
流鏑馬流鏑馬(やぶさめ)は、乗馬で走らせながら的に矢を射る弓術の稽古。鎌倉時代の武士の馬上の3つ物(流鏑馬・犬追物・笠懸)の一つ。神社の神事に行われる。通常2町(約200メートル)の馬場に、間をおいて3個の的を立てる。騎手?.. ...続きを見る

2005/06/12 03:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
トラックバックありがとうございました。
kurotyanmama
2005/06/18 14:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
流鏑馬 独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる